本社
〒512-0911
三重県四日市市生桑町945番地
TEL:059-331-1231
FAX:059-331-1235
中日本支店
【四日市営業所】
〒512-0911
三重県四日市市生桑町945番地
TEL:059-331-1231
FAX:059-331-1235
【名古屋出張所】
〒452-0845
愛知県名古屋市西区中沼町62番地
TEL:052-504-5111
FAX:052-504-5112
西日本支店
【加古川営業所】
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2699番地の1
TEL:078-937-0715
FAX:078-937-0716
【尼崎営業所】
〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江5丁目7番22号
TEL:06-6428-6538
FAX:06-6428-6527
M&D建材株式会社
HOME > 施工について > 施工方法
施工方法
波板の施工法
作業準備
1.すみ切り

波板は、屋根、外壁の場合ともすみ切り葺とするのが原則で、縦横重ねの重なる部分のすみを切り落して、重ね部分のもち上がるのを防ぐためです。すみ切りの要領と寸法は下図をご覧ください。すみ切りにはスレート鋸(ハクソー)を弓型柄に取付けて使うのが便利です。

 

すみ切りの寸法

三重大波板すみ切茸施工順序
2.孔開け
留付用釘孔はドリルで、木母屋の場合は、すみ切後位置を計って予め開けておきます。
鉄骨母屋の場合は屋根にのせて葺くとき、母屋面に合わせてあけます。
釘孔は使用釘の径よりやや大きくします。
3.揚重
波板を屋根に上げることを俗に石揚げと呼び、レッカー車、ウィンチなどを使いますが、揺れどめをしないと事故のもととなることがあります。
波板を屋根に積み置くときは一ヵ所に積みすぎないように注意します。
取り付け作業
1. その地方の最も多い風向きを考えてふき方向を決めます。
2. 軒の出を決めます。
3. 傍軒の出は、けらば板の取付けを考えて、母屋の出いっぱいにします。
4. 軒先通りに道糸を引いて軒先の出を一定にします。
5. 波板の働き幅により適宜縦墨をうちます。
6. 墨打ちが終わってから軒先一通りと、葺初め側の流れ一列とを葺並べ、逐次棟際に引き通しよく葺上げます。
7. 留釘は葺上後波板が母屋に馴染んでから締め直します。(これを本締めといいます)
施工基準
縦重ね寸法
勾配 縦重ね寸法(mm)
3/10以上 150
3/10未満 重ね目にシーリング材などを併用した方が安全です
縦重ね150mmの時の母屋間隔
波板の長さ(mm) 1,820 2,120 2,420 備考
母屋間隔(mm) 835 985   中母屋1本のとき
556 656 756 中母屋2本のとき